テザリングとは?

最近、「テザリング」という言葉をよく耳にするようになりましたが、実際はどういう機能を指すのか、よく知らないという人もまだまだ多いと思います。

 

テザリングとは、簡単に言えばスマートフォンをモデム代わりに使ってモバイルPCなどをインターネットに常時接続する機能のことです。
「テザー(Tether)」という言葉は、英語で「縛る」「繋ぎとめる」という意味ですので、スマートフォン自体をアクセスポイントとしてPCをネットにつなぐことだと考えれば、わかりやすいのではないでしょうか。

 

 

docomoの料金は?

docomoはテザリングオプションというのがなく、プランに含まれているようです。

 

docomoのFOMAは高い

パケ・ホーダイ フラットでテザリングを行った場合、すぐに5,460円/月から8,190円/月になります。正直、この値段は他と比べても高いです。

 

docomoならXi

Xiパケ・ホーダイ フラットが5,985円/月なのですが、いくらテザリングを行っても5,985円/月のままです。テザリングを多く使う人はこちらのほうが安心ですね。

 

auの料金は?

テザリングオプションは500円のようです。(2013年3月申し込みまでは無料)ちなみに通話料含む基本料金は、4GLTEスマートフォンプランが7,280円、 iPhone5が6,755円です。新規での割引が使えれば、この料金より安くなります。

ソフトバンクの料金は?

ソフトバンクもauと同じようにテザリングオプションは525円のようです。(2013年3月申し込みまでは無料)ちなみに通話料金含む基本料金がパケットし放題フラットfor 4G LTEで5,460円です!

自宅でもテザリング

テザリングは、あくまで非常手段として使うのが賢い使い方です。自宅で動画などを長時間使ってしまうと、各キャリアの上限にすぐ達してしまうからです。
家と自宅のネット料金を統一してコストを下げたいのであれば、WiMAXがおすすめです。WiMAXであれば、こういった制限を一切気にすることはなく、料金もかなりリーズナブルに設定されてあります。オススメWiMAXはこちら!

テザリングのしくみ

テザリングのシステムは、以下のような1?3のステップで成り立っています。

 

1)スマートフォンや携帯電話でパケット通信経由のデータ通信を行う
2)スマートフォンや携帯電話をBluetooth・USB等経由でPCと接続することで、ネット通信の仲立ちをさせる
3)PCでインターネット通信を行う

 

これさえあればモデムいらずの便利なシステムなのですが、携帯電話事業者から見ると、テザリングは少々頭の痛いシステムです。
PCと携帯では、圧倒的にPCのほうが必要なデータ量が大きいため、携帯電話の利用者が皆テザリング機能を使ってしまうと、インターネット回線は一気にパンクしてしまうかもしれません。

 

そのようなわけで、今までテザリングはごく限られた新規参入業者でしか扱われてきませんでした。
あるいは、スマートフォンでテザリングを動かすためのアプリやソフトが出回っているため、自分でこれらを入手し、テザリング機能を使用していた人もいます。

 

しかし、最近AndroidやiPhone5でテザリングが続々公式解禁となったため、にわかに注目が集まっています。
携帯からスマートフォンへの乗り換えを検討している人は、このテザリングができるのかどうかも、機種選択の基準にすることをお勧めします。